面接の第一印象はとっても重要

面接官より先に部屋に通されたら、立って待つ

Sponsoerd Link

面接官がまだ面接を実施する部屋に居ないことがあります。
その場合、事前に面接を実施する部屋にあなたは通されます。


通されたら、「上座はどっちかな?」と考え、適切なところに座りますか?
私の意見ですが、座らないほうがいいです。立って待ちましょう。



■ 面接官の視点

あなたがどこかを訪問する際の一般的な礼儀として、
訪問先の主(あるじ)とか、会う予定の人に会うまでは、
立って待つ、というのが、正しい礼儀です。


ですので、面接官が居なければ、立って待つのが礼儀と私は思います。


■ 「いや、立って待たせてもらいます」

面接官のいない無人の部屋に通されたら、通常、通してくれる人は、
「おかけになってお待ちください」というでしょう。


そのとき、あなたは、「ああ、そうですか、では」と座らないことをオススメします。
席をすすめられても、面接官が来るまでは立っていましょう。


繰り返し「おかけになってお待ちください」といわれたら、
「いや、立って待たせてもらいます」と言いましょう。


立って待つことは失礼になりませんし、何度も席につくことを勧める人を
無視するように立っているのもどうかと思いますので。

若手ITエンジニア向けのセミナーを開催


夢と希望を若手ITエンジニアに!

当サイトは、若手のITエンジニアの方が、多く訪問されていると思いますので、若手エンジニア向けのセミナーを紹介させてください。

IT業界の将来に不安を持つ、あなたへ。現役のプロマネがあなたの不安を解消します。

優れた若手ITエンジニアとなり、将来の夢を現実にするためのセミナーを紹介します。


2006年06月18日 21:13