面接の第一印象はとっても重要

背筋を伸ばす。間違ってもネコ背にならない

Sponsoerd Link

私はITエンジニア・技術者の多い職場で働いています。
エンジニアの皆さんは、ネコ背の人がおおいですよね。なぜかわかりませんが。


日ごろの職場でも、背筋を伸ばすことをオススメしますが、
面接のときは、必ず、背筋を伸ばすことを強くオススメします。



■ 面接官の視点

面接官は、連続して複数の人と面接をすることがよくあります。
仮に1日1名しか面接しないにしても、数日前には、他の人と面接をすることが多いでしょう。


つまり、面接をうけるあなたにとっては、面接は一回限りの事象でしょうが、
面接官にしてみれば、複数の人との面接の中の一回となります。


こうなると何がおきるかというと、面接官は、
他の面接と相対的に比較することができるということです。


■ たかがネコ背、されどネコ背

面接でネコ背であっても、スキル・経験があればいいじゃん、と思っているあなた。
たしかに、そういう側面はあります。派遣社員の面接であれば、その傾向は強いでしょう。


ただ、先にも申しましたとおり、面接官は複数の人を面接で見ています。
やはり、部屋に入ってきたときの第一印象で、ネコ背の人は、あまり印象はよくないです。


複数の人をみていて、ネコ背の人と、背筋を伸ばした人とを見ると、
同じスキルレベルならば、背筋を伸ばした人がいいなあ、というのが偽らざる気持ちでしょう。


やはり、つまらないところで失点をしないためにも、
ネコ背にならないよう気をつけたいものです。

若手ITエンジニア向けのセミナーを開催


夢と希望を若手ITエンジニアに!

当サイトは、若手のITエンジニアの方が、多く訪問されていると思いますので、若手エンジニア向けのセミナーを紹介させてください。

IT業界の将来に不安を持つ、あなたへ。現役のプロマネがあなたの不安を解消します。

優れた若手ITエンジニアとなり、将来の夢を現実にするためのセミナーを紹介します。


2006年06月19日 00:56